相続税の基礎控除のきほん

投稿者:

相続税

・相続税の計算を正しくできるようになろう
相続税は遺産相続をする人すべてが対象になるわけではありませんが、一定の条件に当てはまっていると納めなければなりませんので、遺産相続をすならすべての人が理解しておかなければなりません。
相続税の計算をするうえでまず理解しておくべきことは基礎控除で、これは平成26年12月31日を機に大幅に変化しています。
税制改正により平成26年12月31日までは5,000万円 +(1,000万円 × 法定相続人の数)= 相続税の基礎控除額の計算式で計算できましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円 +( 600万円 × 法定相続人の数)= 相続税の基礎控除額で計算するように変更になりました。
たとえばこれまでは配偶者と子供2人いた場合の基礎控除額は8,000万円でしたが税制の改正によって4,800万円まで引き下げられ、その金額はおよそ40パーセントも下がったことになります。
これによってそれまで相続税の対象にならなかった層も相続税を納めなければならなくなり、今では10人1人が相続税を納める時代になると言われているので、とても身近な税金と言えるかもしれません。
また、相続税の計算式ですがぴラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから基礎控除額を引いて出た部分が対象になりますのでこちらも覚えておきましょう。

・相続税の計算をするうえで便利なツールを活用しよう
相続税の計算をするためにはまず相続財産を仕分けていかなければなりませんが、その種類がたくさんある場合は結構大変です。
プラスの財産であれば現金や預貯金、自宅、車などは誰でもあるでしょうし、それ以外に建物や土地、駐車場などを持っている場合はそれぞれ評価額を出していかなければならないので面倒も多くなります。
そこでおすすめしたいのがエクセルを利用して計算できる相続税の計算ソフトで、最近ではフリーのものも出てきているみたいですから一度試してみるといいかもしれません。
普段からエクセルを使い慣れている人であればそれほど難しくないと思いますが、そうでない人は覚えるまでに少し時間がかかるかもしれませんので、まずはフリーのソフトをダウンロードしてシミュレーションしてみるといいでしょう。
使い方に慣れておけば自分が遺産相続する立場になったときにいつでも使えますし、そういったツールが使えれば財産の仕分けもしやすいので遺産トラブルも防止できるので便利です。