配偶者の相続税の基礎控除

投稿者:

被相続人に配偶者がおり、その方がまだ生きているなら、パートナーは必ず相続人に確定します。
そのため配偶者の人数は相続税の基礎控除を計算するにあたり、ほぼ必ず使うことになりますから、その基本をよく確認しておくといいでしょう。
これを計算するとき、大事なのは法定相続人の合計人数です。
これに600万円をかけた金額が、基礎控除の一部となるのです。
これが何人なのかは、それぞれのケースによって変わるものの、被相続人に生存している配偶者がいるなら、その人数は必ず数えることになります。

とはいえ、配偶者は基本的に1人だけですから、配偶者の人数を数えるというよりは、ほかの相続人の人数に配偶者の人数として1を足すといった計算となるでしょう。
たとえば被相続人に子供が3人いた場合、法定相続人となるのはその子供3人と配偶者です。
基礎控除を計算するときは、子供3人+配偶者1人という形となり、合計4人となります。

そして法定相続人の人数を使って基礎控除を計算するときは、その合計人数×600万円となりますから、先の例では4×600万円となり、合計2400万円です。
あとはこれに3000万円を足し、合計5400万円が、相続税の基礎控除の総額となります。
このように配偶者は必ず法定相続人となるため、相続が起きた時点で生存していたパートナーがいるなら、基礎控除を計算する際の法定相続人の人数に、配偶者分を含めることを忘れないのが基本です。

なお、相続税では配偶者に税金がかからない特別な特例があるとよく言われます。
それがあるため、もっと特別な基礎控除があるのではと思えるでしょう。
これは少し注意が必要で、それは基礎控除とはまた別の特例となり、相続税の計算がすべて終わり、配偶者個人が負担すべき相続税額を計算できた後に適用するものです。

基礎控除とは、相続税の計算の一番最初に行うもので、この段階では配偶者でも子供でも、故人の両親や祖父母でも、どのような法定相続人だろうと控除額は変わりません。
配偶者用の特例はまたあとで別の物がありますから、この段階では配偶者1人あたりの600万円の基礎控除を忘れずに適用してください。