家には相続税の基礎控除はある?

投稿者:

基礎控除といえば、自分の条件に合わせて課税金額から減額できる基本的な金額のことですよね。
相続税の場合は法定相続人の人数がその控除の基準になっていますが、家にもこの控除はあるのでしょうか?
たとえば相続財産に自宅となっている家が含まれている場合、課税金額から一定金額を控除できるといった仕組みはあるのか、これから自宅を相続する人など気になるでしょう。

家による基礎控除はあるかというと、これはないのです。
家があってもなくても、相続税の基礎控除の金額に影響はありません。
この金額が決まる仕組みは、一律で控除される3000万円と、あとは法定相続人の人数で決まるのです。
そのほか、相続人の財産によって生じる基礎控除は、みなし相続財産となる生命保険金などに一部あるだけで、家には特にありません。
ですから、家があっても基礎控除の計算は、そのほかのケースと同じようにやります。
自宅が相続財産に入っているからと、基礎控除の金額が変わったとしたら、それは間違いですので注意してください。

ところで、家には相続税がほとんどかからないという話を聞いたことがある人も多いでしょう。
これがあるために、自宅があると基礎控除が増えるものと思われることもあります。
自宅に相続税がかかりにくくなっているのは事実で、その減額幅は80%にも及びます。

これがあるのは、高額な自宅に住んでいるとき、それが理由で高額な相続税がかかり、自宅を売って税金を払うといった事態を起きにくくするためです。
そのためこのような制度があるのですが、これは基礎控除ではありません。
自宅があるときにだけ使える専用の特例であり、相続税を計算するとき、基礎控除とはまた別に計算し、適用します。

これがあるおかげで、相続税の課税対象となる金額が下がり、税金がかかりにくくなりますから、結果的には基礎控除が増えたように感じられるかもしれません。
ただ、家に使えるこの特例と基礎控除は基本的には別物ですから、分けて考えないと、計算を間違える恐れがあります。
家があるからといって、基礎控除の金額には影響ないことはよく確認しておいてください。