子供の相続税の基礎控除

投稿者:

相続が起きたとき、故人の子供が相続人となることも多いでしょう。
このときはその子供の人数を含めて相続税の基礎控除を計算するのが基本です。
もしそうなった場合、子供にある基礎控除額はいくらになるでしょうか?

子供はもっとも優先順位の高い相続人です。
故人の子供で生存している人物がいれば、最優先で相続できます。
それくらい優先されるため、基礎控除の金額も高いものと思われがちですが、これは他の法定相続人と変わらず、1人あたり600万円となります。

たとえば子供が3人いれば、子供の人数で生じる基礎控除は1800万円になるわけです。
もし子供しか法定相続人がいなければ、この1800万円に一律で適用される基礎控除額を足した金額が、全体の基礎控除となります。
もし故人の配偶者もいるなら、その人数も足して合計4人分、2400万円に一律の基礎控除額を足した金額が、全体の基礎控除になりますね。

このように子供は相続人として優先順位が高いですから、その人数に応じて基礎控除額を計算することが多いです。
だからこそ、このときに迷うことが多いのが、その子供が事実上、故人とほとんど縁が切れている場合です。
たとえば離婚した以前のパートナーとの間の子供や、隠し子などですね。
これらの子供は、故人とは血のつながった親子ですが、故人が生きていた頃からほとんど付き合いがなくなっていることも多いでしょう。
連絡先すらわからないという例も多いでしょうが、それでもこれら子供は相続人に含めて基礎控除を計算するのでしょうか?

これはその通りで、たとえ故人の生前、すでにその子とほとんど縁が切れている状態でも、その子供が故人の子供として認知されている状態なら、相続人に含まれます。
そのため基礎控除を計算するときは、縁が切れているその子供の人数も含めて計算してください。

なお、これは基礎控除を計算するときだけ人数に含めて、実際にはその子供に内緒で遺産分割をするといったことはできません。
その子供がいるおかげで基礎控除が増え、相続税がかかりにくくなる代わりに、本当に法定相続人として扱う必要もありますから、忘れずに対応してください。