代襲相続時の相続税の基礎控除

投稿者:

相続ではときに代襲相続が起きることがあります。
このときに相続税の基礎控除はどのように計算するのかというと、計算式自体は変わりません。
法定相続人の人数に600万円をかけ、これに3000万円を足した金額が、相続税の基礎控除額となります。

問題なのは、代襲相続を含めた法定相続人の人数の確定ですね。
これについて、基本をよく確認しておくことが大事です。
代襲相続とはなにかというと、これは本来相続人だった人物が被相続人よりも先に亡くなっていた場合、その相続人の子供や孫などが代わりに相続人となることです。
代襲相続ができるかどうかは、相続人の種類に応じて決まっています。

たとえば被相続人の子供には、代襲相続が起きます。
たとえば被相続人が亡くなり、本来なら相続人になるはずだった子供が、その相続が起きた時点ですでに亡くなっていた場合、さらにその子供へと相続権が移るのです。
つまり被相続人の子供が相続開始時点ですでに死亡していても、被相続人の孫が生きているなら、その子が代襲相続で相続人に確定するわけです。

このように本来の相続人の子供や孫へ相続権が移るのが、代襲相続です。
このときの相続税の基礎控除の計算は、代襲相続で相続人になった人物を含めて計算してください。
たとえば相続人が配偶者と子供2人だったとき、その子供のうちの1人がすでに亡くなっていたものの、代襲相続で孫が代わりに相続人になれるなら、その孫が相続人となります。
この孫が1人だったとすると、このときの法定相続人は配偶者、子供、孫の合計3人となるため、相続税の基礎控除は3000万円+600万円×3となり、合計4800万円となるのです。

なお、先の例で亡くなった子供の代わりに相続人となる孫が3人いた場合、その3人全員が相続人になります。
つまり法定相続人は配偶者1人、子供1人、孫3人となり、合計5人となるのです。
このときの基礎控除の計算は3000万円+600万円×5となり、合計6000万円となります。
このように代襲相続があった場合、すでに死亡した相続人候補者の子供が相続人となりますから、その人数を正しく計算してください。