相続放棄時の相続税の基礎控除

投稿者:

相続税の基礎控除は、3000万円に法定相続人の数×600万円で計算できた金額を足す計算となります。
ですから誰が法定相続人になるのかが大事なのですが、もし相続放棄があった場合、この人数をどう計算するのか、基本ルールがやや特殊ですから、よく確認しておきましょう。

このときの方法は、基礎控除を計算するそのときだけは、放棄がなかったものとして扱い、そのときの法定相続人の人数で計算をします。
つまり仮に上位の相続人が放棄し、下位の候補者へその相続権が移った場合でも、一番最初に相続人の権利を得た方の人数で、基礎控除を計算するのです。

たとえば、被相続人が亡くなり、一番最初に相続人となったのは、故人にいるただ1人の子供だったとしましょう。
配偶者はすでに死亡しているため、この時点での法定相続人は合計1人だけだったとします。
このとき、唯一の相続人だったその子供が放棄したため、下位の候補者へと相続権が移りました。
両親や祖父母で生存している方はいなかったため、生存していた被相続人の兄弟姉妹3人が最終的に相続人へと確定したとします。

このときに相続税の基礎控除を計算するとき、最終的に法定相続人へと確定した3人で計算するものと思われがちですが、これは違います。
最初に相続人に確定し、それを放棄した方がいる場合は、この計算をするときだけその相続放棄がなかったものとして扱い、その最初の法定相続人の人数で計算をするのです。
先の例では、一番最初に相続人へと確定していたのは、被相続人の子供1人だけですから、この人数で基礎控除を計算します。
実際に計算すると、3000万円+600万円×1となり、合計で3600万円の基礎控除となります。

このように相続放棄があったとき、相続税の基礎控除の計算ルールはやや特殊です。
基本的な計算式だけしか知らないと、最終的に法定相続人に確定した方の人数でこの計算をやってしまいがちです。
もしそれをやった場合、基礎控除の金額が違うため、相続税の計算もすべてやり直しとなります。
そうならないよう、必ず確認しておきましょう。